<読書感想文日記と化している最近>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ぱなし。

音楽と記憶
ある音楽の世代間における捉え方の差異

そんな内容の記事を読み思うところあり書こうと。
書いている途中にブレーカーが落ちて内容が全部消えて。
めげずに再び書こうと試みたのですが
寒さでみるみる手が冷えて指先も頭も働かなくなったので、後で書こうと。

今年の冬将軍は相当強い武将に違いない。



つぶやき - -
雑記。

2月1日というと受験という言葉を連想します。
今この瞬間もテスト用紙に向かっている学生が日本全国に大勢いるのだなあと。
このピリっと張り詰めた寒さが試験会場独特の緊張感を思い出させます。
あれも思い出これも思い出。

こんな風に思い出話をのたまうには未だ全然思い出の貯蓄がされていないのですが、多分にfacebook利用もあるかなと思います。
facebookを登録して久しいのですが、検索機能の充実からでしょうか以前よりも高校大学の同級生が多くなりました。
結婚、出産、育児、仕事をしている人はスキルアップのための勉強などなど。
そういう日々が眼前に写真や文字として現れます。
ちゃんと人生のレールに乗って走っている皆を見ると、自分の社会的能力の欠落を思い知らされます。

だからと言って、他者の幸せを妬んだり自分の現在の環境を嘆くことは無く本当に客観的に捉える事が出来ている自分に気がつきます。(体調不良で寝込むと、自分の現状を嘆いたりするのですけども。苦笑)

それはそれ、これはこれと割り切れるようになったのは人より少し多く回り道をして、そして回り道していた年齢より少しばかり大人になった所為でしょうか。

自分に出来ることを見据えて自分なりに歩いていこうかな、なんて思っています。
卑屈になったり妬ましく思っちゃうこともありますけど、まあ、そういう感情に振り回されなければ苦しくないので思う存分「羨ましい!」と叫ぶことにしていますw

おお。
髪を切るとモヤモヤした思考までバッサリスッキリになるのかも!?

つぶやき - -
ごあいさつ。
 

今年も大変お世話になりました。

☆良いお年をお迎えください☆


つぶやき - -
こたつかたり。

体を真っ直ぐにしてコタツに寝て入りたいと思うことがあるんですよね。
で、コタツに入って寝転がると足先がね、冷えるんですよね。
で、横になろうとするとコタツの足が短いと肩があたるんですよね。
なのでネコのように丸まるしかないんですよね。
でも、ネコじゃないから丸くなって寝ても苦しいんですよね。

こんなコタツ(右上の図)どうですかね。

理想コタツの図。

ま。寝たければ布団に行けという話なんですけどね。

足先が冷えるんですわ〜〜。


つぶやき - -
溶けていました。
連日の暑さで脳みそが溶けていて思考回路がうまく働きません。
いつのまにかブログの更新がストップしてて自分でもビックリです。
書いたつもりになっていました。


蝉はこれからなのか、今年の蝉が少ないのか、鳴いていても声が小さいです。
ジージーにミーンミンミンが加わるころに夏休みが始まって
夕方にカナカナカナと聞こえるようになると8月のお盆の時期で
オーシーツクツクの大合唱が始まると夏休みも後半戦。
立秋過ぎると夜に秋の虫の合唱が始まって

暑い暑いと言っていたのが、いつの間にか、寒い寒いに変わっていく。
めまぐるしく季節が変わって一年です。
日本の四季は忙しい。けれど美しい。

体を壊さない程度に暑い夏を楽しもうかと思っています。
夏生まれのせいもあるのか、暑いこと自体は平気なのですが体力の消耗激しく体がもたないこと多々なので。


今日15日は満月デス。
つぶやき - -
束の間の幸福感に浸る。

今日は一日中風が吹かず凪いでいて、湿気が絶えず皮膚に纏わりついてある種の閉塞感に似た感覚とそれに伴う憂鬱感に陥っていた。
先ほど、空気の入れ替えにと窓を開けると、思いがけず、雨の降る前のひんやりとした心地良い風が部屋に入ってきて、それだけでなんだか今日の不快が一掃された気がした。

風邪は喉風邪のようで、喉の弱い私は、その所為でこのところずっと体調が優れない。
思考回路も霞がかかったようにぼんやりしていて、またひたすら眠たかったりと、毎年、梅雨の時期は心身共に芳しくない。

ともすると気が滅入りそうになる時期だが、雨の降る前のひんやりした風に出くわした瞬間などの束の間の心地良さに気持ちが晴れることがある。

明日になればなったで、また体調の不具合が生じるのかもしれないけれど、今はこの心地良い風に当たっているだけでなんだか幸せだ。

つぶやき - -
自嘲哀歌
きっかけは本当に些細なこと
その些細なことで
まき戻し

汚泥の沼から這い上がり
まっとうな地面を歩いているのに
未だ泥が付着していて
その泥が一気にそこいら中に広がって
地面がまた再び泥沼になるのではないか
という錯覚

錯覚かと思いきや
さて
ここは一体

また沼の中
まだ出ていないのか

いや
戻されたのだ

昔と違うことは
誰かに戻されたわけでもなく
戻されたと責めることもなく
全て自分のことだと
半ば諦めに似た

仕方がないので
また這い上がるしかない

もういっそ沈んでしまおうかと
そんな誘惑と戦い

ひとり戦って
おそらく
ひとり倒れるのでしょう



無視されるとは本当に恐ろしくつらいものなのです

****************

いい加減に自己を救済したいが
術を知らない哀れな女がひとり


つぶやき - -
あれから2年。

2009年4月27日
から、2年

まだ、2年
もう、2年


まさかこの2年の間で、こんなにも世の中が激変するとは思ってもいなかったよ
貴女が生きていたら、この世の中をどう感じているかなとか
きっと地震のときは心配の電話をくれただろうし
放射性核種や原発について意見を交わしたかもしれないし
なにより、もっとたくさん話が出来たね
話が出来ないことは寂しいけれど、きっとどこかで頑張っていると思うと
寂しいけれど悲しくはないから
こちらは、大丈夫だから安心してね
(あ、正直言うと少し悲しい)


今日は、外は強風に乗って砂塵が舞っていて
なんだか遅れてきた春一番の風のようです


千の風になって、なんて歌があったけど
この強風っぷり、風がA子だとしたら
いかにも貴女らしい強さだなと、思わず苦笑い


大好きだと言っていたガーベラを買おうと思います
植えて育てるのもいいかもね
そしたら見に来てね

つぶやき - -
あ、そうだ。

ふと思い立って。

一個前の日記だと原発推進派と捉えられそうかしらと思い補足。
推進派じゃないですよ。

というか、派に分かれている場合じゃないでしょとか思ったり。

数十年かかってもいいので汚染をキレイにして
で、最終的には原発なくてもエネルギー供給出来るようになればいいなと思ってます。
理想論になってしまいますが。

とりあえず、汚染を除去する方法なんかないんですかね。
そればかり考えてしまいます。
水、土、大気、生き物、人間・・・

「汚れているのは土なんです!」
とはナウシカのセリフ。

風の谷のナウシカ全7巻を読むといいよって色んなところで言っている私ですが、
ジブリの回し者じゃないですぜ。

つぶやき - -
書きなぐり。
よそ様の日記にコメントしたら長くなってしまった。のを転載。
つらつらと。
のべつ幕なしに。
こんな意見もあるのね、くらいにお願いします。

**********
アインシュタインも泣いているに違いないよ・・・

増えた需要に見合った供給なんてないだろうし。
個々に視点を移すとさ。
やっぱり電車動いてくれないと困る。
それから身の回りのもので電気を使わないで生成されたものって無いに等しい。
クスリだって工場で作られているわけで工場の生産が低くなったら私みたいなのは死ぬしかない。
仮に原発全部廃炉にするので電気使えなくなりますのでヨロシクとか言われたら多分、過疎の村や地方都市などは大打撃を喰らうと思う。
所謂、第一次産業とか
経済活性に電気は不可欠でそれを原子力で補ってきたわけだ。
オイルショックがあって、経済成長が止まるかもしらん。
そんな時期に原発を建てたのだろうね。未熟な技術を未来に託して。
託された未来の過程で権力と富を得た電力会社は、その最初の苦渋の選択をした昔の人の想いを忘れて居心地の良さにあぐらをかいてしまったのかもしれないね。

72年だよ、沖縄返還されたの。
パスポートなくては沖縄に入れなかった。
そんな日本だった。それが、ここまで来た。経済活性の力を借りて。
もちろん、やはり今回のように公害・汚染などの問題も出てきたわけだ。

もちろん私も原子力なんて使って欲しくない。
でも、使ってしまった。
それでここまで来た。
それで私達は育ってきた。
もうこれは国レベル、企業レベルでそれこそ数十年計画で色んな面を見直していかないといけない。
新しい原発は要らない。過度の原発も要らない。
けれど、今すぐにすべての原発を廃炉というのは極端すぎるかなと思う。
失業率増えて自殺者増えると思う。
私でも、今、未来が見えなくてともすると死にたくなるもの。
不安な人はもっといるはず。
そういう二次災害が怖いから私は敢えて現状維持を唱えるよ。
ってここで言ってもという話なのだけど。

見えない恐怖と見える恐怖って言ったら精神的に大打撃なのは後者でしょう。
きっと色んな想いを噛み締めて原発に従事している人間もいるはず。
そういう人が一人でも現場で働いてて、私達の生活が成り立っているのであれば、文句言えない。

死生観とか人生観も影響する気がするんだよね。
だから、あくまで私の意見。

テレビ全然見てない(見ないようにしている)のでどんな報道がされているのか分からないけど。
だいたいウソかなと思って見てません。
レベル7って言われても、ああやっぱりねくらいにしか思わなかった。
今更、驚かない。

なんというか。
非力な自分を日々実感しています。

そして自分に出来る事は何だろうと非力な現実と対峙しつつもがいて模索中です。
つぶやき - -
| 1/18 | >>