<読書感想文日記と化している最近>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
「いのちの食べかた」

DVD「いのちの食べかた」を15日に借りて観ました。
ドイツの人が監督のドキュメント映画です。
前評判は色々と耳に入ってきたので、内容はぼんやりと把握していたのですが、やはり百聞は一見にしかず。

ネタバレしないよう心がけますが、前情報無しで見たい人は日記を読まないでくださいませ〜。


**********
以下、感想。



この映画はドキュメンタリー映画です。
食についてのドキュメンタリーで、ナレーションや説明やBGMは一切無し。淡々と映像が流れます。
「いのちの食べかた」は邦題で原題は「Our daily bread」
あくまでも個人的な感想なのですが、「いのち」と意訳することで先入観を持って見てしまうようなと。
そしてその先入観は持たないで観た方が良いのかもしれないと思いました。
ネタバレになるかな・・・。


間をあけよう↓↓









ドキュメンタリーなのですが編集はしてあるようで、はじめの段階ではカメラアングルが上からだったりして何を写しているのか分からないのです。
牛を上から撮影している映像が流れて「なにこれ??」と思っている間に途中で切れて他の映像、例えばピーマンに農薬を散布してる映像が流れたりします。
でも、何の説明もありません。
とりあえず私は「?」がたくさんでした。
「衝撃の映像」という単語をよく目にしたのでおそらく豚や牛の、と殺の映像が流れるのだろうと薄々は分かっていたのですが、そして確かに血が流れるシーンは好んで見る映像ではないでしょうけど、でも、あまりにも説明が無さ過ぎじゃないかと感じました。

DVDに収録してあった監督へのインタビューを見てようやく納得できたのが、ヨーロッパの価値観の違いが根底にあるのだと思いました。
食料生産過剰問題、供給以上に食料が生産されて殆どが破棄されるという問題がヨーロッパで起こっていて、それが「our daily bread」を作るきっかけとなったそうです。
私は何か食に関する危険性を唱えたドキュメントなのかと思っていたし、トレイラーや前評判では「食べ物が食卓に並ぶまでの真実を映し出した衝撃のドキュメントである」とか飛躍したものだと「人間の食べる行為に対する戒め」というような説明が多かったので、なにかこう正座して観なければならない事実が映像として映し出されるのかと思ったのです。
そんな先入観を持って観たので、説明が無さ過ぎる!と感じたのだという結論に至りました。

と殺に関しては肉食(特に牛や豚)文化が日本は圧倒的に浅いので且つそれに伴う複雑な背景も絡んでくるので必然的に難しい問題になってしまうのですが、肉が主食のお国柄の違いでしょうかあっさりとしていました。インタビュアーと監督のやり取りでもその違いが伺えました。
「いのち」と邦題を意訳したのも日本の肉を食べるという考え方に起因するのかなあとか。あくまで憶測です。

それよりも作中で
ガスマスクつけて農薬散布って、それって毒じゃん!とか。
豚の返り血浴びたまま昼飯食べに食堂に集まるってどういう事?いいのか?とか。
そちらのほうが気になりました。
問題視する場所が違うのだな、と痛感。

感想の違いで個人のバックグラウンドの違いまで出るドキュメントはそうそう無いと思うので、そういう意味では非常に興味深かったです。
働いている人の健康は大丈夫なのか、とか収穫していた作物は一体何なのかというのが気になりました。
肉に関しては、幸か不幸か私が頭でっかちで知識ばかり先にあるので、映像で再確認したという感じです。

色々と疑問の残る映画でした。

感想 - -
DVD鑑賞「パンズ・ラビリンス」
予告編

見逃した映画の一つです。
なぜか弟が借りてきていて、ここぞとばかりに見ました。

予告やチラシからでは、なんとなくテリー・ギリアムのような異世界ファンタジーのような世界観を彷彿とさせますが、実際はスペイン内戦をおとぎ話を通して揶揄(もしくは比喩)した映画の印象を受けました。

スペイン内戦下の多感な少女が見る悪夢。
現実もおとぎ話も残酷で血みどろで、どちらがマシかは五十歩百歩。

そんな映画です。

映像は素晴らしかったです。素晴らしく不気味でした。
素晴らしく現実的で救いようがありませんでした。
たぶん、それが実際のおとぎ話だし、現実なんだと思います。

**************

スペイン内戦と聞くとピカソの「ゲルニカ」しか思い浮かばないので、困ったときのwikipedia、wikiって調べてみました。

スペインは混迷したお国のようで、独裁政権下にあったよう。
独裁者フランシスコ・フランコ。などなど。
詳しくないので言及はしません。

**************
DVDの映画紹介にあった「サルバドールの朝」も見てみたいし、邦画も見逃しているのがたくさんあるし、日替わりで3本とか見たい気持ちでいっぱいです。
ネットでレンタルすれば良いのだろうけど、2時間くらいかけてレンタルビデオ店で吟味するのも嫌いじゃないのだけどなあ。
近くにお店が無いのです。

嗚呼、映画熱再び。
**************
感想 - -
海王冒険

ポセイドン・アドベンチャー

「ポセイドンアドベンチャー」1972年(アメリカ)
製作 アーウィン・アレン
監督 ロナルド・ニーム
原作 ポール・ギャリコ
脚本 スターリング・シリファント ウェンデル・メイズ
撮影 ハロルド・E・スタイン
特撮 L・B・アボット
音楽 ジョン・ウィリアムズ

**************************

最近、映画ばかり見ているのですが、前々から見たかった「ポセイドンアドベンチャー」をDVDで借りてみました。
 パニック系映画の金字塔と言われていますが、納得、実に面白い!!
かつて淀川さんは「この映画を観るために生まれてきた」と言っていたらしいが、それは言いすぎかなと・・・・・。
 が、何と言っても飽きさせないのがスゴイと思いました。出演俳優ジーン・ハックマンの逞しさ、女優陣の魅力もさることながら、やはり映画は見ていて飽きないというのも重要なポイントだとつくづく感じました。逆さになった豪華客船のセットも当時はものすごく評価されたらしいです。登場人物達の性格及び人間模様が2時間という短い時間の中で、パニックモノとして描かれるは監督、スタッフの優秀さの証明ではないかと思います。みんなも時間作って是非見てくれ!!


(代筆:よしだの弟)

感想 - -
名探偵対大泥棒と対決モノの私的楽しみ方。
 「ルパン三世VS名探偵コナン」の感想です。
念のため番組録画をしておいたのですが、予想通り開始時間には私は寝てしまっていたので、HDDの録画機能の有難味を味わった回でもありました。
文明ってすごいよ!

予想していたより面白かったのが正直な感想です。
絵柄は違うし、規模は違うし、同じ場面にどうやって載せるんですか?という疑問と不安だらけだったので。
方や世界を股にかけて活躍(?)する大泥棒で、方や云わば一般人ですからね。栄光無き天才というか。(誉めてます)

ルパンとコナンの対決にスポットを当てるとコナンに出てくる怪盗キッドと被ってしまうから脚本作りは難しかったろうと思いました。
なので、別々の目的で同じ場所に向うという設定は面白かったです。
でも、本当に別々の目的を果たして行くから、物足りなかったのも事実。
女王と王子殺害の犯人探しの傍らで王冠と未知の鉱石(!)を盗もうとしているので、事件の規模が大きいんだか小さいんだかどっちなのー?とテンションの持って行き方が分かりませんでした。
ギャグなのかシリアスなのか、みたいな。

ルパン一味の方が終始先を読んで行動する展開は小気味良かったです。(ルパン好きなので)
ラストもルパンに助けられたコナン君ですが、鋭い洞察力と観察眼でルパンの「お気に入り」に入ったコナン君。
含みを持たせた終わり方が良かったです。

ものすごい私見を言えば、この作品作った人は峰不二子と次元大介が大好きなんだと思いました。不二子ちゃ〜ん大活躍。
それから、絵柄の違いを考慮してか両作品の登場人物を一つの画面に載せるコマが少なかったように感じました。1回しか見てないから断言出来ないけれど。
載せるとしても引きの場面とかで、交互に顔が出て喋ることが多かったように思います。(別の言い方をすると小津安二郎的カメラワーク)
でもやっぱり峰不二子はアップの顔やボディが多かったです。


アニメに限らず
「エイリアンVSプレデター」とか、型破りな組み合わせって、見ると案外楽しめます。
それぞれの作品に対する愛情や個人的感情が画面に散りばめられていて面白いです。
「ベストキッド2」で出てくる沖縄などは色んな国の色んな時代をごちゃ混ぜにしてあって、もはやそこは沖縄じゃないのだけど、それはそれでアリのように思います。
日本、空手、沖縄に対する制作者の思考が丸々作品になっている感じがするので愛すべき作品です。

制作者サイドの思考が垣間見られるのが楽しくて面白いです。
そういう楽しみ方もあると思うんです。

最後に敢えて難を言うと。
「捕まった 出れないときの 斬鉄剣」的な扱いの石川五右衛門に不服。苦笑

****************
外が怖く、出る出ない出る出ないで葛藤している現在。
工事で人がいるからカーテンをまともに開けられず太陽光を浴びないと精神衛生上良くないことを実学。
今日は予定では足場を解体するはずなので騒音間違いなし。
病院に、行く行かない行く行かない・・・・うーーー。苦
感想 - -
映画番長
**先日借りた映画の紹介と感想**

●「ホテル・ルワンダ」
1994年、アフリカのルワンダで長年続いていた民族間の諍いが大虐殺に発展し、100日で100万もの罪なき人々が惨殺されたことは記憶に新しいと思います。
フツ族とツチ族の争いなのですが(このように民族を決めたのは欧州の入植者であることも意識しなければならない)大量虐殺にまで発展した極めて悲惨な紛争です。今まで仲の良かった隣人がいきなりナタで切りかかってくる。想像しただけで恐ろしい。
この映画は、そのルワンダが舞台です。家族を守りたい、その一心で動いた主人公の男性が結果、1200人もの命を救ったというお話です。
感動するお話だと思います。しかし、この悲劇の背景には欧米諸国の無関心・無干渉も原因なのです。
恐らく、私もニュースで見ていたハズ。でもテレビの向こう側の出来事で現実味がない、と当時の私は感じていたハズ。

エンディングで音楽が流れるのですが、その翻訳が頭に残っています。
<米国はアメリカ合衆国なのに、なぜアフリカはアフリカ合衆国になれないんだろう。英国は連合王国なのに、なぜアフリカは各々の王が連合してアフリカ連合王国になれないんだろう>

紛争の中で命をかけて他者を救った英雄の感動する話。これで終わらせて欲しくないです。

●「好きだ、」
「tokyo,sora」の石川寛監督の作品です。
撮り方が俳優さんの横顔が多くて興味深かったです。それから内容は・・・。
もどかしい!!!特に10代の主人公二人のやり取りが、歯がゆい。でも、なんか分かる、共感できる。
「好き」の一言。なかなか言えないことありますよね。

●「THE3名様」
原作はスピリッツで連載中の石原まこちんのマンガ「THE3名様」を実写化したものです。
深夜のファミレスで27歳のフリーター男子3人がダラダラと時間を過ごすゆる〜い脱力したマンガです。ちなみに、このマンガ私は好きです。
映画の出演は、岡田義徳(まっつん)佐藤隆太 (ジャンボ/原作ではふとし)塚本高史(ミッキー)
木更津キャッツアイでも同じメンバーな所為か、なんだか終始仲良さ気。アドリブもありそうな雰囲気。
イケメンズ3人のショートコントという感じでした。
原作を知っている方はマンガとは違う感覚で観た方が良いです。
感想 comments(0) trackbacks(0)
2へブン
先週のガキの使いで久しぶりの板尾節に腹筋が痛くなりました。
そして、「ヘブン」が欲しくなったのでレンタルビデオ店へ。

借りたのは
・ギミー・ヘブン
・スクラップ・ヘブン
・Buzzer Beater DVD2〜4巻
・ZOO

またしても、エウレカセブンは貸し出し中・・・(´・ω・`)

感想
・ギミー・ヘブン
なんだっけ・・。ええと。文字が物体が色や別のものに見える病、共鳴ナントカが持病の江口洋介さんが主人公。
ラストが良く分かりませんでした・・・・。ホラーなのかヒューマンなのか。うーーん。他人に理解できない病気を持つ人の孤独感を描きたかったのかなぁ。宮崎あおいちゃんをああいう役で出すのなら、もうひと越え欲しかったです。
ただ、やくざ役の鳥肌実さんはキレてました。地なのか演技なのか分からないからスゴイです。

・スクラップ・ヘブン
映画館で見損ねた映画です。
オダギリジョーさん、加瀬亮さん、栗山千明さんという私の大好きな俳優さん勢ぞろい。
正反対の2人の「復習代行」
ラスト近くで仲違いが起こるのですが、2つに分かれた道を別々の乗り物(一方は車、他方は徒歩)で別の道を進んでいくシーンがラストの伏線のようでした。

栗山千明さん、サングラスがカッコイイ!!んで、薬剤師役。
劇中で琥珀色の薬物を生成しているシーンがあるのですが、察するにニトロを自宅で生成していたのでしょう。危険です。ダメ!絶対!

・ZOO(オムニバス短編集)
古屋兎丸さんが脚本、キャラクターデザインを手掛けた「陽だまりの詩」は、役者さんが動いてそれをアニメにしてアフレコした作品だとか。動いている兎丸さんの作品は非常に新鮮でした。
姉弟の話「Seventh Room」や神木竜之介(←字あってます?)が主役の「So-Far」双子の話、最後の「ZOO」
全部、面白かったです。
やや怖いのもありますが、全ての作品が独特の世界観を持っているので面白いと思います。



ヘブンは2つしかなかった・・・・。
感想 comments(0) trackbacks(0)
空中庭園
●空中庭園 監督:豊田利晃●

映画館で観られなかったので早速観ました(今日が返却日だし)

・小泉さんの演技が凄かった。踊る大走査線の愉快犯の役より凄かった。内に秘めた黒い闇。笑顔の奥の目が怖かった。

・板尾さんは、何かにつけて目に付いた。演技がコントに見えてしまうのは私の「ごっつ」の見過ぎだと思う。

・冒頭のシーンで娘が母親に「私の事、どこで仕込んだの?」と聞いて「ホテル‘のざる’」と答えるシーンがある。
のざる→野猿→野猿(やえん)正確には「やえん」と読む。しかもホテル野猿は、私の住んでいるところの近所にある。よく看板も目にする。

そして、家族が住んでいるマンション周辺。どーみても近所。
なんだ?なんだ?多摩ニュータウン撮影現場ブームか?
(そういえば、火曜日に駅前でドラマの撮影してたしな)

・映像は、この監督さんおクスリ所持で逮捕されたけど、なんとなく「あー。クスリやってそう・・・」な映像効果だった。

・小泉今日子扮する母親が泣き叫ぶシーン:「赤ん坊は泣きながら生まれくるんだよ。血まみれで」のセリフを連想させる。
新しく生まれ変わったといった感じかな。最後の笑顔が印象的。

トラウマが単なる「思い込み」なのだろうか、とか泣き叫んでそんなスッキリ生まれ変われるだろうか、とか疑問は多い。

けれど、個人的には
「過去の家族に対するトラウマを抱えた小泉今日子と、その元凶の母親との、殆ど噛み合っていない様な何とも複雑な1対1の会話」が非常に印象的だった。

エンディングのUAの歌がステキ。

映画館で観なくて良かった・・・。多分凹んでいたね。苦笑
感想 comments(0) trackbacks(0)
フィギアスケート
荒川静香さん、金メダルおめでとうございます★

メダルを獲る為に、という感じではなくて、如何に表現するか如何に楽しむか、というのが画面から感じられて、しかもそれで金メダル。素晴らしいです♪

競技としてのオリンピックなら(例えば、短距離走とか)メダルを獲るのが目標かもしれない。
でも、魅せる種目に「メダル、メダル」って連呼するのどうなんだ!?ってずっと思っていました。特にフィギアスケートなんかは。

荒川選手の時のスタンディングオベーション。観客の方は素晴らしい演技に素直に反応するのですね。
気持ち良く見られました。

素直に感動出来ました★
改めて、おめでとうございます。
村主選手も素晴らしい演技でした。安藤選手、4回転に挑戦したのが凄かったです。

トリノオリンピックから縁遠いワタクシでしたが、堪能しました。うん。スゴイ!

何かが出来るってスゴイ。感動★
感想 comments(0) trackbacks(0)
ライブ★THE PRODIDY@STUDIO COAST(新木場)
ハスキーボイスに拍車がかかる。

19日の朝:一回しか見ていなかったCM(多分、派遣会社かなんかの)で、バスケ選手が出演しているのがありまして。ダンクとかして凄いカッコイイ!!「誰だ?」と気になっていたところ「大阪エヴェッサ」の波多野和也選手と判明。

マジでかっこいい!!!やばいっす!!!
バスケの試合みに大阪行こうかな。本気で考える。

そんなテンションで、プロディジーのライブへ。
メンバーは4人。

オープニングACTは、Boom Boom Satellites
ハナから盛り上がる。

年甲斐も無くジャンプ!ジャンプ!ジャンプ!
ダンス!ダンス!ダンス!

気がつけば、実は終始ジャンプしていた私でした。
汗だく。つゆだく。

やばかったぁーーーーーーー。 こんなに終始、踊り続ける私って有り得ない。多分、脳内でアドレナリン的なものが出ていた模様。

お疲れ様でした。
この激しい運動で汗をかいて、風邪の調子は良くなった様子。代わりに声がかなり渋くなりました。
感想 comments(0) trackbacks(0)
有頂天ホテル
公式サイト:http://www.uchoten.com/

一人じゃ多分観に行かないけど、機会があれば観に行きたいと思っていた映画。丁度、11日に飲む前に観に行きました。
どうやら一番人気の映画らしく開演前から並んでいました。(最近、テレビ見ていないからメディアにとことん疎い私)友達の一人が「今日の王様のブランチ見てたら1位だったよ」と言ってました。

三谷幸喜さんの作品なのでハズレはないだろうと。客層は若い人からシニアまで。シニアの人が楽しめる映画ってステキです。
役者さんも、実力派。役所広司さん、戸田恵子さん、香取慎吾さん、松たか子さん、オダギリジョーさん、西田敏行さん、など有名な人もいれば必ず日本映画でお目にかかる映画俳優さんまで。

普通あそこまで主役級の人を集めると、俳優さんが先に立ってしまって作品がダメになったりするのだけど、上手い具合に役者さんの味を出していてそれでいて作品が損なわない。
(「美味しんぼ」の栗田さん並の解説をしてしまった)

ああ、きっと最後は全部上手く行くんだろうなと思うんだけど、その過程で色々笑わせていただきました。計算されたコメディー映画。
「Mr.ビーン」や、ちょっと昔ならモンティ・パイソンとか。それに通ずるものがあるなと。

とにかく映画で楽しいと感じたい!と思う人にはオススメです。
この、ヒネクレ者のよしだが笑って観てたんだから純粋に楽しめる事受け合い★
感想 comments(0) trackbacks(0)
| 1/2 | >>