<読書感想文日記と化している最近>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
読書数日、要・適宜。
風邪っぽい所為もあり、普段よりもパソコンに向かう時間が少ない2〜3日でした。

考え事をしたり、活字の本を読み漁ったりしていました。
本を読んでいると平気で数時間経ってしまうので、ここら辺の極端な時間の使い方がやっぱり自分の本質なのだなあと改めて実感。
オンとオフの振れ幅が大き過ぎというか。
父親が、寝る前に本を読んで熱中のあまりにうっかり徹夜するような性格なので、そういうところは「血」なのかなあと思ったり。

良い意味で閉鎖的な時間を過ごしていた気がします。
(良い意味だと思いたい)
なにかしらを書いたり、なにかしらに返答したりすることが少ない数日でした。

11月末にスマートフォンに機種変更をしてからは、いわゆる「モバイルほにゃらら」が使えないこともあり、布団に入ってポチポチとケータイをいじくる事が極端に減ったことが要因の一つかと思います。

そういう閉鎖的な時間を意識的に作ることは大事だなあと思いつつも熱中し過ぎるのも考え物で。
最近の情報の多さったら文字通り目が回る勢いで、閉鎖していた数日の遅れを取り戻すのがかなり大変でした。

「適宜」という言葉を自分に課したいと痛感。

しかしなかなか難しいデス・・・。

言わずもがな、女子の日数日は死んでました。
嗚呼、12月よ。師走の月よ。
師は走っているというのに、歩いていてなんだかスイマセン。
つぶやき - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>