<読書感想文日記と化している最近>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
心に沁みる。

毎月最後の週の水曜日のNHK-FMでは「小西康陽 これからの人生。」という番組が放送されています。
ピチカート・ファイブが10代から大好きな私は、うっかり寝てしまって聞き逃すこと以外は毎月聴いている番組です。

4月27日の水曜日は震災後初めての回でした。(先月は再放送)
未だ様々な渦中にいる方々の悲しさで丸くなってしまった背中を優しく押してくれるような選曲でした。
優しさの中にも何かしらの強さを感じられる歌が流れる1時間で、とても感慨深い時間でした。

そんな今回放送された中の少しをこちらに載せたいと思います。


「どうにかなるさ」かまやつひろし




ラジオから聴こえてくる音色は、載せたものより優しく聞こえました。
そういうヴァージョンがあるのかもしれません。

「やつらの足音のバラード」




「はじめ人間ギャートルズ」の歌で有名ですが、歌詞がこの時勢の所為でしょうか
とても意味深いものに聞こえました。
アニメを手掛けた出崎統監督が17日に亡くなってしまっているのも加わってとても心に沁みました。


いつもノイズがまじってしまってキレイな音で聞こえた試しが無いのですが、それでも聞き入ってしまう魅力ある番組です。

「小西康陽 これからの人生。」
http://www.nhk.or.jp/konishi/

日常 - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>