<読書感想文日記と化している最近>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
3月の読書。
漫画がほとんどですが、良作揃いだと思います。


3月の読書メーター
読んだ本の数:17冊
読んだページ数:3162ページ
ナイス数:85ナイス

宇宙兄弟(17) (モーニング KC)宇宙兄弟(17) (モーニング KC)
17巻まで一気読み。最近の数巻に関しての感想。パニック障害が他人事ではないので、なんかもう息が詰まりそうだった。うぐぐ。分かるよ。己自身を乗り越えるんだ日々人よ・・・!我が家は姉弟だけど時々「ねえちゃんの言葉で助かった」と言われることがある。逆も然りで。この作品は相手が宇宙という壮大なものだけども、信頼とかそれこそ絆なんて言葉を使いたくなるほど人間臭い漫画だと思う。熱い漫画だ。面白い!
読了日:03月31日 著者:小山 宙哉
ばるぼら (下) (角川文庫)ばるぼら (下) (角川文庫)
上下巻。最後に語られている芸術については手塚氏の自論だろうか。とても面白い作品だった。(ただ主人公が癇癪起こす度に八つ当たりのようにばるぼら(女)を叩く場面には「叩くのも大概にしろ。とりあえず落ち着け。」と思ってしまった。)
読了日:03月27日 著者:手塚 治虫
もやしもん(11)限定版 (プレミアムKC)もやしもん(11)限定版 (プレミアムKC)
現役ミスを王座から引き摺り下ろし我こそはと思うものが立ち上がる下克上的イベント「ミス農大落とし」がメインの話。新キャラの西野さんの発言は次の「かもし日本酒編」への伏線だろうか。限定版は、もやしもんファンには嬉しい設定資料やイラストが収まっている。ところで、電話で直保と話すオリゼーが可愛い。
読了日:03月27日 著者:石川 雅之
サタニック・スイート (アフタヌーンKC)サタニック・スイート (アフタヌーンKC)
初期未発表作品3作を含む短編集。ファンタジー作品が読めてとても新鮮だった。女の子の、逞しさと大人のモヤモヤした部分を鋭く切り裂くような眼光と台詞に痺れる。そして「MUD」の表現が素晴らしい!嗚呼もうそれはそれは鮮烈で強烈な印象を受けて、作中同様に私の心臓も落ちるかと思ったほど。ヤマシタトモコさんの作品全部大好きだ!!
読了日:03月25日 著者:ヤマシタ トモコ
BUTTER!!!(4) (アフタヌーンKC)BUTTER!!!(4) (アフタヌーンKC)
自分の欠点を自覚したり相手に対して思っていることを伝えたりというのは大人でも難しいことなのに頑張って対峙しているダンス部員すごいな。見習うといい。本気で頑張っていれば上を目指したくなる、頑張ってダメだったら?の不安がつきまといながらでも頑張ろうとしててなんかもう全力で応援。ところで、二宮さんの低温度な性格は生まれつきなのだろうか。そして大会への抵抗は過去になにかあったのだろうか。
読了日:03月25日 著者:ヤマシタ トモコ
3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)
ひなちゃんの学校の問題について万事解決まではいかないけれど、一筋の光が見えて我が事のように安堵(過程では、なんだかもう自分が家族の一員になったようにヤキモキしていた。苦笑。)そして後半は、零の対局。嵐の前の静けさといったところだろうか。この巻で一番私が好きな話はchapter64の銀の羽かもしれない。
読了日:03月25日 著者:羽海野 チカ
主に泣いてます(6) (モーニング KC)主に泣いてます(6) (モーニング KC)
泉さんの過去話が主。泉さんが孤独過ぎて、読んでて非常に面白いのだけどちらちらとつらくなる。喜劇と悲劇の表裏一体すら感じる。たくましく生きるんだーいーずーみー(見たことはないけど宝塚劇風に)
読了日:03月24日 著者:東村 アキコ
ちはやふる(16) (BE LOVE KC)ちはやふる(16) (BE LOVE KC)
良い感じで試合に臨んでいる太一なのに。涙。最後で・・。続きが気になる。
読了日:03月16日 著者:末次 由紀
サウダーデ(2) (KCデラックス)サウダーデ(2) (KCデラックス)
装丁が美しいのは勿論の事、とても美しいお話が詰まった1冊。人や時間が移ろいゆく悲しさを享受しつつ「変わらずに」待つ芳乃さんの美しさよ。この方の描く人物や心理描写はどれも本当に美しくて大好きだ。
読了日:03月16日 著者:池辺 葵
花のズボラ飯(2)花のズボラ飯(2)
孤独のグルメと同じ原作者。こちらは夫が単身赴任をしている主婦の一人飯(ズボラ)主人公のおいしそうにご飯を食べる顔がとにかく良い!若干のエロスさえ感じるほどの食い顔である。そして明るく元気な主人公。1巻のようなテンポかと思いきや、32、33皿め(話目)の話で主人公(花)の魅力が見開きで描かれていて思わず感動してしまった。健全な魂は美味しいご飯に宿るのかもしれない。(ただ個人的には脱いだ下着は片付けようね、と思ったりもする)
読了日:03月15日 著者:久住昌之,水沢悦子
孤独のグルメ 【新装版】孤独のグルメ 【新装版】
ドラマは未見なので比較出来ないのだが、輸入雑貨を扱う仕事をしているという他は謎な主人公が仕事絡みで赴いた地で一人、店に入りご飯を食べる。もちろん一人なのでモノローグが多い。とてもリアルで親近感が沸くのが、入る店の選択や食べ物のメニューの選択を間違えて後悔したりするところだ。一人でご飯を食べている描写にも関わらず悲壮感が感じられないのは、主人公の性格が多少お人良しで下戸なせいもあるかもしれない。時代を感じさせる逸話もあるのも個人的にとても好きだ。
読了日:03月15日 著者:久住 昌之
ぎおんご ぎたいご じしょ  新装版ぎおんご ぎたいご じしょ 新装版
擬音語、擬態語の辞書。写真とデザインがとても可愛い。ぱらぱらと眺めるだけでもその価値あり。新装版は元のよりも小さいサイズのようだ。
読了日:03月08日 著者:
夢みごこち夢みごこち
夢の続きが夢で、また夢が続いて、果たしてどの話が現実なのか、はたまた全てが夢なのか。軽い悪夢もあったりしてなんとなく怖かった。でも面白いのでまた読んでしまうという。
読了日:03月07日 著者:フジモト マサル
BRUTUS (ブルータス) 2012年 3/1号 [雑誌]BRUTUS (ブルータス) 2012年 3/1号 [雑誌]
大好きな漫画家さん五十嵐大介さんと松本大洋さんの対談に惹かれて購入。興味深い対談。おまけ漫画も素晴らしかった。漫画紹介も魅力的。(所持しているものが多かった)
読了日:03月06日 著者:
しょんぼり温泉 2 (ジャンプコミックス)しょんぼり温泉 2 (ジャンプコミックス)
笑いとじんわりする感動が一冊にぎゅうと詰まっていてすごく面白かった!小田扉作品!好きすぎる!
読了日:03月05日 著者:小田 扉
Sunny 2 (IKKI COMIX)Sunny 2 (IKKI COMIX)
せつない。強く生きようとしても尚、自分自身の感情に素直でいられる子供らに目頭が熱くなった。健やかに育っておくれ・・。
読了日:03月03日 著者:松本 大洋
34歳無職さん 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)34歳無職さん 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
「思うところあって1年間なにもせずに過ごすことにした」という34歳無職さん。ゆっくりと丁寧に日々を過ごしている雰囲気が好き。なにかある訳でもなく淡々と。「思うところ」が気になるところ。
読了日:03月01日 著者:いけだ たかし

2012年3月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター


日常 - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>