<読書感想文日記と化している最近>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
30日:学友、去る。
29日の夜、帰宅したら
「あと30分で、ねーちゃんの家。鍵開けておいて」とゲリラ的メールが弟から来る。

京都の友人からひっさしぶりにデンワ。個人的にウキャーと嬉しかった♪
色々と発言したくも、大魔神のように寝ている弟の前ではそうもいかず。しぶしぶデンワ切る・・・(´・ω・`)

30日は下北沢へ。
以前、映画監督のお手伝いで、夜に下北には行ったことあるけど昼間と夜では雰囲気が違うね。

何を隠そう、このワタクシ。ヴィレッジ・ヴァンガードのコミュに入っておきながら(しかも下北近いのに)メッカである下北のヴィレッジ・ヴァンガードの場所が分かりませんでした・・・(恥っっ)

教えてもらったら、手伝いの時に何回も通り過ぎていた場所でした・・。
なにこの無頓着さは。

代わりに八百屋の場所はバッチリ覚えていた私です。でも、八百屋の方が珍しいだろ。頑固オヤジがさぁキャベツ丸ごと売っているんだよ?「キテレツ大百科」のブタゴリラのとーちゃんみたく。目が行くでしょ?(誰か頷いて・・・!2回目)

始めに、お好み焼きを喰らう。ウマーい。
そして散策。(モチロン、もう道とか覚えてません。)
オサレっ子な友達は下北でヘアーカットをしていたという。その美容院に丁度いつも切ってもらっていた人が居たらしく、しばし談笑。
水色のボトムにボーダーを着こなす美容師(男性)は、なかなかいません。

さて。本番のヴィレッジ・ヴァンガード。
臆することなく、マンガコーナーへ。
驚いた・・・驚いたよ・・・・。
並んでいるマンガ、ほとんどが家にあるよ。(もしくは生活苦で売りに出したか)
ポップが置いてあるマンガは大抵、私の部屋の本棚に陳列されていました。

妙な連帯感を覚えつつ、加えて、志村貴子さんのマンガがあまりなかったの事に少し優越感を覚えつつ
●「マルヒ警察24時」小田扉
●「さんさん録」こうの史代
の2冊購入。

こうして友達は一路、大阪へ戻りました。

そして家に帰った私は、コンビニで買ったベルセルクを合わせ計3冊のマンガを貪り、31日の今に至る訳です。

ハズレ無し!上記2冊は(というか2名の漫画家さんの本全て)オススメです★

ベルセルクは、セルピコかっこいいなぁ。目が開いているよ。
買い物 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://yoshiday.jugem.jp/trackback/51
<< NEW | TOP | OLD>>