<読書感想文日記と化している最近>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
大殺界
細木さんの言う事は信じないワタクシです。だって眉毛がウソじゃん・・・。ズバリ言うなら眉毛もズバリ正直にしましょう。

5日の日記を書く際に題名はこれしかない、と思いました。悔しい。キィ

のび太くんもビックリの不運続きでした。

●不運1:出勤時から男タミコ駐在。ずーん。
(補足で、男タミコの口の悪いのは元々の性格だそうです。あれで友達いるのかしら、と要らぬ心配をしてしまいました。)
外国のお客さんが多くて英会話に疲弊。加えて男タミコ、何を血迷ったのかF××Kとか抜かす始末。かなり慌てました。
「So much sorry, He cannot understand <4 letters> meaning」あと、「焼酎」の説明を要求されてさつまいもの単語と炭酸の単語が出てこなくて困りました。炭酸の説明に思わず「しゅわしゅわ」とか言っちゃったよ。

●不運2:かなり忙しくてかなり疲れて、帰りたい!の一心で京王井の頭線に向かったら事故で運転見合わせ。滅多に自己のない京王線なのに今日に限って・・・・!
思わず「うそーーーん」とデカイ声出してしまいました。笑われた。
仕方ないので新宿まで行って中央線に乗ってタクシーで帰ることに。

●不運3:物凄く混むことで有名な中央線。痴漢に遭う。「ちっ」と舌打ちをかましたら、隣の大人しそうな女性に謝られてしまいました。違うよー。後ろのオヤジだよー。アナタにじゃないよー。と言いたかったです・・・(;´Д`)

●不運4:タクシー待ちが凄かったです。やっとこさ、乗り込んだタクシー。「〜〜までお願いします」と言って走り出した途端、運転手のオジサマ豪快なアクビをかます。次に明らかに「居眠り運転」をしだす。センターラインを何度も超えそうになり、その度に対向車線の車とギリギリですれ違いました。
こうなったら運転手を眠らせたらいけないと思い、走って見える訳無いのに「桜がキレイですね」とか雑談を絶やさないよう心がけました(スピードと共に背後に消えた桜に対して「キレイですね」という私も私だけど、それに「そうだねぇ。見頃だねぇ(散ってるし!)」と答える運転手も、どうかと思う。)

●不運5:タクシーの恐怖に耐えられなくて、途中で降ろしてもらいかなりの距離を歩くハメになりました。(事故起こされても嫌だもん)
あまり履き慣れていないスニーカーだったので、靴擦れを起こしてしまい痛くて泣きそうになりながら家路へ。靴を脱ぐと、くるぶしがマメ潰れたの通り越して流血してました。丁寧に両足揃えて。

●不運6:体が疲れきっているところに精神に核弾頭でもぶつけるつもりですかというメールを頂きました。チーン

帰ったのは深夜3時近く。女友達と会う予定もお流れに・・。

こんな日もあるんだねぇ。大殺界だよ。細木さん。(でも私は眉毛はあるぜ)

モチロン6日の木曜日は昼まで寝ていましたとも。
今になって日記が書けるようになりました。

とってんぱらりのぷう
仕事 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://yoshiday.jugem.jp/trackback/56
<< NEW | TOP | OLD>>