<読書感想文日記と化している最近>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
映画監督と映画を
公式サイト:http://www.elieli.jp/top.htm

八王子は積雪がスゴイことになってました。
深夜3時。ワカモノが駐車場で雪合戦出来ちゃうんだから。
おかげで、寝不足で顔がむくんでましたよ・・・。


とある映画監督さんには以前から予定をキャンセルしまくっていて、今日は「遅いぞ誕生会」と「キャンセルもうしません」を兼ねて映画鑑賞&ゴチします★

時間潰しに入ったCafe。監督さんの友人が働いておられました。(どこまでも顔の広い監督さん)そのご友人が発した言葉。「お姉さまですか?(私のことネ)」
う。う〜〜〜〜ん。そうかぁ。姉さんなんだぁ(遠い目)

「エリ・エリ,レマ サバクタニ」(青山真治監督、浅野忠信、中原昌也、宮崎あおい他出演)
見てきました。

ネタバレになるので内容は詳しく言いませんが「音」にこだわりがありました。
海の波の音がワザとか?と思う程、大きな音でした。あと普段の生活音を意識していたのかな?
2時間の音楽のプロモーションビデオを見ている感じ★
監督の自己満足と実験映像かなぁと思いました。
それと、宮崎あおいちゃんは相変わらずポカポカのスープが似合うな、と。
エンドロール最後の「江角ナントカ氏とネロに捧ぐ」って何だったんだろう??
・・・・・パトラッシュ?? (補足:nadja.様からローマ皇帝のネロではというアドバイスがありました)

やっぱり八王子の気温は都心より2度くらい寒いと思う。

追記:あ。そうそう。印象的な言葉が
「本当の自殺と病気の自殺の違いって何なんすかね?」というもの。
(ストーリーで「自殺しちゃう病気」が出てくるんです)
非常に意味深いセリフだと思う。
ノイズ系の音楽が苦手な人には「うるさい映画」に感じるかなぁ。
感想 comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/2 |